コシノジュンコさん

6. ジュンコ先生、慎太郎って、どんな人ですか?ナイショで教えてください

初めて会ったのは、6年前って言ったよね。彼女は20代じゃない?ビシッとキメてて、綺麗で、ご丁寧で、すごい気遣いがあって、こんなマルチにできる人がよくいるわねって思ったの。私は、若いとか年齢とかは気にしないんだけど、えっ!そんな若かったの?っていうのが第一印象。それでサロン・ド 慎太郎に行って、いっぱいスタッフがいて、これ何人使ってんの?こんな人世の中にいるの?と思ったのよ。この人は凄い経営者ですよね。でも経営者のイメージがギンギン出てこなくて、それで経営してる。とても感覚的だと思うんですよ。適当にってことではなくて、そんなに頑張って大丈夫?という、あの張りつめるいつもの気遣いが凄い。あの緊張感が格好いいのよね。例えばウチでパーティしてるからおいでって言うと、フットワーク軽く来るでしょ。それでいて姿勢はいつも一緒なの。慎太郎のお店と、ここ(ブティック)へ来てもそんなに変わらない。だから生活の中で、ピシッと整えられてんのかなって思いますね。
 
ある時ね、上野の国立博物館に行ったんですよ。私は舞台衣装とかやるので、甲冑などを見てたのね。そしたら屏風の前で、すごくじっくり見ている人がいてね。熱心に見る人がいるんだなって少し気になって、横からチラッと見たら慎太郎だったの。いつもの髪型じゃなく、髪を後ろでひとつに括って、ジーンズで。とにかく、たった一人で絵を見てたのよ。素の慎太郎に会っちゃったのね。「恥ずかしいわぁ」なんて言ってたけど、ちゃんと美術に興味があって、一人で見に行ってお勉強してるっていうのが偉いと思って。偶然会ったんだけど、隠れてる裏側をちょっと見てしまった感じです。(サロン・ド 慎太郎の)ダイアナにも、そういうところがあるよね。ギャ〜とか言ってるけど、知性の部分が素晴らしいですよね。映画とか、詳しいじゃない。マネできない。あの人たちは凄いお勉強してるなって。
 
慎太郎さんは、和のものにきちんとしてるわよね。前向きよね。京都にもよく行ってるみたいだけど、京都を知るというのは和を知る元かもしれないわね。あのシガー灰皿もそうよね。ハイアットリージェンシーにも入ったし、ぴったりだと思うのよ。凄いお似合いと思う。
 
あとね、あの人はいつも人に感謝してるでしょ。あの若さで「ありがとう」って発想は普通ないよね。一人ひとりにありがとうって、ものすごくお歳を召した方が思いつくことじゃない?それまでは自分のことばっかりで。ありがとうっていうのは相手を思ってのことだから、なかなかそんなのできないでしょ?私も今から真似て「ありがとう」って言わなきゃ。私、まだ誰にも言ってないわ。
 
この内容って慎太郎のホームページにのるの?私が一番最初?ほんとに!?すっごいありがたいわ。慎太郎に「ありがとう」って言わなきゃ。いやぁ、ほんとにありがとうだわ。また第二弾とかやりましょうよ。